食事療法 栄養指導

当院の食事について

当院の食事写真

当院では治療の一環として適切な栄養量に調整した食事を提供しております。
季節を感じていただくための行事食の実施、アレルギー対応など、可能な限りの個別対応も行っております。
特にお米と水にはこだわり、主食となるお米は指定農家の久住産無農薬米を、また調理に使用する水は全て天然地下水を使用し、身体に良く美味しい食事の提供に努めております。

透析治療患者の食事について

透析治療患者の食事写真

透析をされている外来通院患者さんへの食事の提供を実施しております。(有料)
当院でお出ししている食事をご家庭での調理の参考にされている患者さんも多いため、ご希望の方には献立表の配布も行っております。

各疾患の食事療法

慢性腎臓病の食事療法

①必要エネルギーを確保する(*1)
②たんぱく質を控える(*2)
③塩分を控える
④カリウムを控える(*2)

  • *1 肥満がある場合は適量摂取とする。
  • *2 腎機能の低下の程度(病期)により内容は少しずつ異なる。

血液透析の食事療法

①必要エネルギーを確保する
②良質なたんぱく質を適量摂取する
③リンを控える
④塩分を控える
⑤水分を控える
⑥カリウムを控える

腹膜透析の食事療法

①エネルギーを適量摂取する〔糖分と動物性脂肪をとりすぎない〕(*3)
②良質なたんぱく質を適量摂取する
③リンを控える
④塩分を控える
⑤水分は尿量、除水量に合わせて調節する
⑥カリウムを適量摂取する(*4)

  • *3 腹膜を通して体内に吸収されるエネルギーがあるため、必要エネルギーは血液透析より控えめとなる。
  • *4 カリウムは腹膜透析によって排泄されるので、逆に不足しないように注意する。

高血圧の食事療法

①塩分を控える〔目標:6g/日未満〕
②適正なエネルギー量を守る
③栄養バランスの良い食事とする

糖尿病【肥満】の食事療法

①適正なエネルギー量を守る
②栄養バランスの良い食事とする
③1日3回規則正しく食べ、間食を控える

脂質異常症の食事療法

LDLコレステロールのみが高い場合 ⇒ 注意点…『脂肪』

①適正なエネルギー量を守る
②栄養バランスの良い食事とする
③LDLコレステロールを多く含む食品(卵・レバー・いくら・たらこ・うに等)を控える
④動物性脂肪(肉の脂身・バター・生クリーム等)を控える
⑤食物繊維を多く含む食品(おから・ごぼう・ブロッコリー・ひじき等)を積極的に摂る

中性脂肪のみが高い場合 ⇒ 注意点…『炭水化物(糖質)』

①適正なエネルギー量を守る
②主食(ご飯・パン・麺類等)を摂りすぎない
③果物を摂りすぎない
④甘いもの(お菓子・清涼飲料水等)を控える
⑤アルコールを控える

LDLコレステロール・中性脂肪の両方とも高い場合

A, Bのポイントすべてに気をつける

栄養指導

食事療法が必要な患者さんに対して、医師の指示箋に基づいて指導を行います(予約制)。
患者さんの生活背景や食習慣などに深く関与するため、おひとりおひとりに合わせた形で解りやすく説明することを心掛けております。

栄養指導

管理栄養士による腎臓病食、透析食のレシピを公開しております。
ご家庭での調理の参考にしてください。(更新頻度:隔月一回)

誠医会 松山医院 大分腎臓内科
プライバシーポリシー

Copyright ©2012 誠医会 松山医院 大分腎臓内科 all right reserved.