気になる質問Q&A
腎臓病が早期発見と早期治療が重要な理由は?

「慢性腎臓病(CKD)」は「心血管病」や「脳卒中」を起こしやすいことがわかってきたことから、早期対応が重要です。
特に「慢性腎臓病(CKD)」と「高血圧症」は、互いに合併しやすく、放置すると「心血管病」を起こす危険性が高いことがわかっています。また、発見が早いほど進行を抑えられる可能性があることから、定期的な「尿検査」や「血液検査」を受けて、腎臓の状態を確認しておくことが大切です。

当院では、腎臓病早期発見のための無料検診事業「IKEAJ-KEEP」を行なっています。


「腎臓病早期発見検査(IKEAJ-KEEP)」のご案内はこちら

※その他にも、ご要望などがございましたらお気軽にご相談ください。
   TEL : 097-541-1151(代表)

▲ページトップへ
誠医会 松山医院 大分腎臓内科
プライバシーポリシー

Copyright ©2012 誠医会 松山医院 大分腎臓内科 all right reserved.