気になる質問Q&A
慢性腎臓病(CKD)かどうか知りたいのですが、どうしたらわかりますか?

慢性腎臓病(CKD)は、蛋白尿とGFRで診断されます。
職場検診や受診された医療機関の検査で蛋白尿が出ていると指摘された場合は、既に慢性腎臓病である可能性があります。また、慢性腎臓病(CKD)は、GFR値によって重症度が分かれます。病期に対応した精密検査や治療を行ないます。
GFRの数値は、性別、年齢、血清クレアチニン値から求めることが可能です。


「腎機能(GFR)の測定 」はこちらをご覧ください。

※その他にも、ご要望などがございましたらお気軽にご相談ください。
   TEL : 097-541-1151(代表)

▲ページトップへ
誠医会 松山医院 大分腎臓内科
プライバシーポリシー

Copyright ©2012 誠医会 松山医院 大分腎臓内科 all right reserved.