気になる質問Q&A
「生活習慣病」について教えて下さい。

かつては成人に起る病気とされ、「成人病」と呼ばれていましたが、「生活習慣病」と呼ばれるようになったのは、病気の原因が加齢だけでなく、食生活や運動不足、喫煙、飲酒などの生活習慣の乱れから引き起こることが明らかになり、1996年に厚生省(当時)が「生活習慣病」と改称することを提唱しました。
日本人の三大死因であるがん、脳血管疾患、心疾患、および脳血管疾患や心疾患の危険因子となる糖尿病、高血圧症、脂質異常症などはいずれも「生活習慣病」です。
日本人の約3分の2が「生活習慣病」が原因で亡くなっています。
生活習慣病は、遺伝的な要因もありますが、食生活や運動、喫煙、飲酒、ストレスなどが深く関わっています。ですので、普段の生活習慣を見直し、生活習慣を改善することにより、病気を予防し、症状が軽いうちに治すことも可能なのです。

当院では、「メタボリックシンドロ-ム(内臓脂肪症候群)」の考え方を取り入れた生活習慣病の予防を積極的に推進しています。


「診療のご案内」はこちら

※その他にも、ご要望などがございましたらお気軽にご相談ください。
   TEL : 097-541-1151(代表)

▲ページトップへ
誠医会 松山医院 大分腎臓内科
プライバシーポリシー

Copyright ©2012 誠医会 松山医院 大分腎臓内科 all right reserved.