お知らせ

松山医院大分腎臓内科からのお知らせ

2013.02.28

大分市慢性腎臓病病診連携システム

大分市は、国保加入者の人工透析患者の割合が高いことから、その原因となる慢性腎臓病対策として、大分市慢性腎臓病病診連携システム検討委員会を開催し、大分市版の紹介基準や紹介様式を作成しました。

当院は、2011年より大分市生活習慣病対策推進協議会の委員として活動し、
2012年より大分市慢性腎臓病病診連携システム腎臓専門医の委員の一員として今回の紹介様式の作成に取組んできました。

そして、行政(大分市)と大分市連合医師会が、本格的にシステムを円滑に起動させていくために医師会会員(かかりつけ医)を対象に「2012CKD診療ガイドライン」に基づいた基礎知識および大分市慢性腎臓病病診連携システム運営についての「CKD病診連携システム研修会」を各医師会(大分市・大分東・大分郡市)において実施しました。
大分郡市医師会は、2013年2月19日(火)に大分市稙田公民館大研修室において研修会が開催されました。当院は、所属する大分郡市医師会長の半澤一邦先生の命を受け、研修会の中で「CKDについて」の講義を担当しました。

大分市慢性腎臓病病診連携システムの概要については、
院長ブログで公開していますのでご参考下さい。

誠医会 松山医院 大分腎臓内科
プライバシーポリシー

Copyright ©2012 誠医会 松山医院 大分腎臓内科 all right reserved.