お知らせ

松山医院大分腎臓内科からのお知らせ

2012.09.27

L-FABP(尿中肝臓型脂肪酸結合蛋白)とは?

「院長ブログ」を更新しました。

「L-FABP」とは、Liver-type Fatty Acid Binding Protein(肝臓型脂肪酸結合蛋白)の略称です。
新しい腎疾患診断用の尿中バイオマーカーとなる「L-FABP」エルファブについての説明会が、2012年9月20日に行なわれました。

「院長ブログ」にて紹介しています。アクセスしてみて下さい。
尿細管機能を反映する「尿中L-FABP」は、糸球体障害の指標である「尿中アルブミン」と同時に測定することによって、早期糖尿病性腎症の病期進行リスクを判別可能とする非常に有用なバイオマーカーとなります。

広義でのCKD患者管理においても有用性のある尿中バイオマーカーです。
「尿中L-FABP」は、当科外来にて測定可能な体制にあります。

誠医会 松山医院 大分腎臓内科
プライバシーポリシー

Copyright ©2012 誠医会 松山医院 大分腎臓内科 all right reserved.